1.給付金、助成金、協力金(返済なし)

感染拡大防止協力金

【概要】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都の要請や協力依頼に応じて、施設の使用停止に全面的に協力いただける中小の事業者に対し、協力金を支給いたします。

【対象者】
①東京都内に主たる事業所又は従たる事業所を有し、かつ中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業及び個人事業主で、大企業が実質的に経営に参画していない方が対象です。
②緊急事態措置を実施する前(令和2年4月10日以前)から、次のいずれかの対象施設に関して必要な許認可等を取得の上、運営している方が対象です。


1.「基本的に休止を要請する施設」に属し、休止を要請されている施設
2.「施設の種別によっては休業を要請する施設」に属し、休止を要請されている施設
3.「社会生活を維持するうえで必要な施設」の内、「食事提供施設」に属し、営業時間短縮の協力を要請されている施設

 

※対象施設一覧(東京都総務局HP)
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/index.html
③緊急事態措置の全ての期間(令和2年4月11日から令和2年5月6日まで)の内、少なくとも令和2年4月16日から令和2年5月6日までの全ての期間において、東京都の要請に応じ、休業等を行うことが必要です。
※申請書には、4月16日から5月6日までの期間について休業等の状況を記載していただきます。
④申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が東京都暴力団排除条例第2条第2号に規定する暴力団、同条第3号に規定する暴力団員又は同条第4号に規定する暴力団関係者に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないことが必要です。
また、上記の暴力団、暴力団員及び暴力団関係者が、申請事業者の経営に事実上参画していないことが必要です。

 

【条件】
50万円(2店舗以上有する事業者は100万円)

 

【留意点】
本協力金は、専門家が申請要件を満たしているか、添付書類が十分かなどについて事前に確認することにより、円滑な申請と支給を目指しています。なお、専門家による事前確認がなくとも申請いただくことは可能ですが、追加書類の提出を求めたり、確認のための連絡をすることがあるので、支給まで時間を要する場合があります。円滑な申請と支給に向けて、専門家の確認を受けていただくようお願いします。事前確認を行う専門家は以下のとおりです。


1.東京都内の青色申告会
2.税理士
3.公認会計士
4.中小企業診断士

 

※これまでにアドバイスや指導を受けている上記に該当する専門家がいる場合は、その方へ事前確認を依頼してください。
※専門家に依頼した事前確認にかかる費用については、一定の基準により東京都が別に措置いたしますので、そのことを前提に専門家とご協議ください。
※申請内容について、東京都から当該専門家に照会することがあります。
※(一社)東京青色申告会連合会では、都内各地区の青色申告会を紹介するサイトを運営していますのでご活用ください。

 

http://www.tokyo-aoiro.or.jp/new/soshikigaiyou.html
・ご利用の際は、必ず事前に依頼先にお問い合わせください。

 

【申請】
■申請受付期間
令和2年4月22日(水)~6月15日(月)
■申請方法
① オンライン提出の場合
協力金ポータルサイト(以下、「ポータルサイト」といいます。)から提出ができます。
https://www.tokyo-kyugyo-form.com
なお、6月15日(月曜日)23時59分までに送信を完了してください。
② 郵送の場合
申請書類を次の宛先に郵送することで提出することができます。
なお、簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。6月15日(月曜日)の消印有効です。


(宛先)〒163-8697 
 東京都新宿区西新宿2-8-1 都庁第一本庁舎
 東京都感染拡大防止協力金 申請受付


※切手を貼付の上、裏面には差出人の住所及び氏名を必ずご記載ください。
③持参の場合
申請書類をお近くの都税事務所・支所庁舎内に設置した専用ボックスに投函することで提出ができます。封筒に、「東京都感染拡大防止協力金申請書類在中」と明記してください。
(都税事務所・支所所在地)
https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/index.html#L2
開庁時間は、8時30分から17時00分まで(土、日、祝日を除く)となります。6月15日(月曜日)の17時00分までに投函してください。
なお、対面での受付・説明は行いません。ご不明な点は下記の問合せ先で対応させていただきます。

 

東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター
(電話)03-5388-0567
(受付時間)午前9時から午後7時まで(土、日、祝日も開設しています。)
■申請に必要な書類
1 東京都感染拡大防止協力金申請書兼事前確認書
 (※)協力金の円滑な支給を図るため、裏面に専門家による事前確認欄を設けています。事前確認を受けた場合は、専門家に必ず記入してもらってください。
 (※)オンライン申請の場合は、表面及び裏面全体をスキャナ又は写真で取り込み送信してください。
 (※)本協力金の申請をする際には、併せて申請書の写しを必ず専門家に渡してください。
 (※)複数事業所について申請される方は1回の申請にまとめる必要があります。
https://tokyo-kyugyo.com/downloads/application_form.xlsx
2 誓約書
 (※)誓約書の最下部にある所在地、名称及び代表者名などの欄は、必ず自署でお願いします。
 (※)オンライン申請の場合は、誓約書全体をスキャナ又は写真で取り込み送信してください。
https://tokyo-kyugyo.com/downloads/written_oath.pdf
3 緊急事態措置以前から営業活動を行っていることがわかる書類(次の(1)、(2)及び(3)の書類が全て必要となります。)
(1)営業活動を行っていることがわかる書類(写しで可)
 緊急事態措置以前から営業活動を行っていることがわかるよう、法人、個人ともに直近の確定申告書(税務署の受付印又は電子申告の受信通知のあるもの)を提出してください。
 (※)上記書類のみでは、緊急事態措置公表時点に営業活動を行っていたことがわからない場合、直近の月末締め帳簿を添付するなど緊急事態措置時点の営業実態がわかる資料を添付してください。
 (※)設立後決算期や申告時期を迎えていない場合は、個人事業の開業・廃業等届出書(都内税務署の受付印があるもの)又は法人設立設置届出書(都内税務署の受付印があるもの)及び直近の月末締め帳簿を添付するなど緊急事態措置時点の営業実態がわかる資料を添付してください。
 (※)申請する事業所ごとの外景(社名や店舗名入り)及び内景の写真並びに事業所ごとの月末締め帳簿など緊急事態措置時点の事業所ごとの営業実態がわかる資料を添付してください。
(2)業種に係る営業に必要な許可等を全て取得していることがわかる書類(写しで可)
 対象施設の運営にあたり、法令等が求める営業に必要な許可等を取得していることがわかる書類等を提出してください。
 (例)飲食店営業許可、酒類販売業免許 等
(3)本人確認書類(写しで可)
 本人確認のために、次の書類等を提出してください。
 (法人)法人代表者の運転免許証、パスポート、保険証等の書類
 (個人)運転免許証、パスポート、保険証等の書類
4 休業等の状況がわかる書類
 (例)休業を告知するHP、店頭ポスター、チラシ、DM 等
(※)休業する事業所等の名称や状況(休業の期間、営業時間の変更)がわかるよう工夫してください。
(※)複数の施設が混在している場合、対象の施設部分が休業等を確実に実施していることがわかる書類を用意してください。
5 支払金口座振替依頼書 ※オンライン申請の場合は押印不要
https://tokyo-kyugyo.com/downloads/account_information.doc

 

【その他】
よくあるお問い合わせ
https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/c334a8e8a986ec85ce453e61c2dc4d0f.pdf

 

【問合せ先】
名称:東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター
住所:
電話:03-5388-0567(9時~19時(土日祝日を含む毎日))
URL:https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0415_13288.html

【出典】
東京都感染拡大防止協力金のご案内
https://tokyo-kyugyo.com/
申請書類について
https://tokyo-kyugyo.com/docs.html
更新 令和2年4月22日

【専門家派遣】

中小企業診断士の専門家派遣

板橋区産業振興公社

https://itabashi-kohsha.com/archives/9281

お問合せ 
担当:板橋区産業振興公社 経営支援グループ
TEL:03-3579-2175
FAX:03-3963-6441

このサイトは、(一社)板橋中小企業診断士協会が、(公財)板橋区産業振興公社と連携を取りながら更新を行っています。この情報サイトに関するお問合せはこちら